心理カウンセリングと心理療法について

当会に在籍している心理カウンセラー(産業カウンセラー、臨床心理士、精神保健福祉士)は、以下の内容について対応出来ます。該当される方は一度ご連絡ください。症状の重篤度により、適切な機関に紹介させていただくこともあります。

◆現在の心理カウンセリングの状況

【参考】これまでに寄せられた相談の事例

1.職場の人間関係がうまくいかず、退職もしくは転職をしたい。
2.手話通訳者(士)として活動しているが、地域のろう者とうまくいかず、悩んでいる。
3.夫婦や親子、友人関係について悩んでいる。
4.どの団体に属しても、長続きしない。こんなので大丈夫だろうか?
5.すぐにいらいらしたり、人を傷つけたくなる
6.疎外感や不安、怒りなどを強く感じる
7.手話がなかなか上達しなくて、悩んでいる
8.手話通訳者(士)の仲間との人間関係がうまくいかない
9.ろうの子どもが生まれ、「なんで私の子が・・」となかなか受容できない。

例えば・・・
1については、退職もしくは転職すれば解決できる問題と、来談者自身の問題、会社の対応の仕方に問題がないか、多方面からアプローチしていきます。

4については、人間関係を構築するための社会性を身につけるためのSST(ソーシャルスキルトレーニング)を実施することもあります。

9については、障害受容のプロセスもありますが、育児ノイローゼや父親や親類の理解不足を解消するとともに、生活環境を改善していく必要性がでてくることもあります。

【心理カウンセリングの進め方】

1.本サイトの申込みフォームに出来るだけ詳しく記入して送信します。
2.専任コーディネータから3営業日以内に返信があります。
3.専任コーディネータとインテーク(導入)面接を実施します。
4.インテーク面接の結果により、心理カウンセリングもしくは心理療法を実施するか、関係機関に紹介するかどうかを決定します。(メールでお知らせします)
5.心理カウンセリングを実施する場合、クライエントの希望と内容に合わせて、カウンセラーを決定します(ろう者、難聴者、聴者の専門家がそろっていますが、希望に添えない場合もあります)

【料金】
1.インテーク面接:90分 3,000円
2.心理カウンセリング:60分 5,000円
3.心理療法:内容により価格が変わります(応相談)
4.外部の専門家(精神科医・臨床心理士・精神保健福祉士・弁護士)の紹介:1件 1,000円
5.当会の専門家(聴者、ろう者、難聴者)による病院付き添い:1時間 1,500円(交通費別途)

【注意点】
※心理カウンセリング料金は前払い制となっております。なお、交通費のみ、実費をコーディネータもしくは心理カウンセラーに交通費を確認した上で、直接お渡しください。
※収入がまったくない方は相談の上で決めたいと思います。気軽に相談してください。
※3営業日とは、金曜日に申込→火曜日までに、月曜日に申込→水曜日までに連絡します。(土曜日、日曜日、祝日は飛ばします)